AGAの一般治療と専門治療

AGAとは男性型脱毛症のことであり、基本的に髪の毛が薄くなってきた状態のことを呼びます。

それではこの男性型脱毛症ですが、治療はどうやって行うのでしょうか。

病院で治療を行う場合、一般治療と専門治療という二種類の治療法があり、基本的に何度か通院し、ちょっとずつ治していきます。

病院の先生はだいたい専門治療をお勧めします。

それはなぜかというと、専門治療とは患者さんの頭皮を分析し、現在の状態を確認してからどのようにして改善ができるかを分析し治療を行います。

少し値は張りますが、一般治療で治る見込みがあるかないか分からないものより、断然効率はいいでしょう。

治療は基本的に月に一度通い、頭皮の進行状況などを確認してもらいます。

処方薬は様々な上、行くたびに分析し、今後どのようにしたらいいかなどを確認してもらえるので大変心強い処置方法と言えます。

逆に、一般の治療はどのようなものかというと、診察の際は触診や頭部の撮影などはあまりなく、基本的に決まりきったルーティン治療を行うだけとなります。

処方薬も一種類だけの場合が多く、通院は3ヶ月から6ヶ月に一回と専門治療と比べると大変すくないですね。

このように、値段は低い変わりに、たいしたサポートをもらえないのが現状です。

だったら自分で薬用シャンプーや頭皮マッサージを行うよって思うかもしれないぐらいですね。

ですから、AGAのために病院に行く場合は、しっかりと専門治療で治すようにしてみてください。

まるっとAGA情報